本文へスキップ

新しい発想で心の問題を考える株式会社ミュゼ・アルディ

学習障害と知能指数LD/IQ

学習障害とIQ

★私たち通常知能指数・IQと呼んでいるものは、生活年齢と精神年齢の比を基準とした「従来の知能指数 (IQ) 」
 と、同年齢集団内での位置を基準とした「偏差知能指数(Deviation IQ, DIQ, 偏差IQ、偏差値知能指数)」
 という2種類のものがあります。IQの平均値は100で、85−115に約70%の人が該当し、また70から
 130の間には95%の人が含まれています。

 また、DIQを使用する場合は、160程度が上限で、40程度が下限である場合が多いです。遺伝的な要素があ
 りますが、環境要因によっても大きく変化するとされています。

学習障害(LD)について

★学習障害(LD)とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないのですが、聞く、話す、読む、書く、計算
 する能力、また推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を示すものです。

 学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されているのですが、視覚障害、
 聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接的な原因となるものではないとされます。

★LDの特徴としてはいろいろあるのですが、概念としても歴史が浅いので他の障害との重複性や境界の判断が
 難しくなっています。また、軽度の発達障害といもいわれますが、そのわかりにくさが対応の遅れや困難さを
 まねくことから、必ずしも軽度という捉え方が当てはまらないケースがあります。

発達障害 カウンセリング   山手心理相談室 LD  奈良 和歌山


★LDの各種症状の中で、特に読み書きに困難を伴う場合を「ディスレクシア」(読み書き困難症)と呼び
 ます。アメリカのハリウッドスター・トム・クルーズが『自分はディスレクシアだ』と公表した事によって、
 この症状が一躍メジャーになったとも言われています。

 ディスレクシアは、知的な遅れはないものの、読んだり書いたりすることが苦手な人たちのことをいい、「文
 字」と「その文字が表す音」とを一致されることが難しいために、勝手読みや飛ばし読みが多発します。

「音読作業と意味理解作業が同時にできないため読み書きに時間がかかる」


「読みができないと文字を書くことはより困難になる」


 などの特性があります。特性は人それぞれなのですが、たとえ成人になってからでも、自分に合った教育支援を
 受け、自分なりの学習方法を見出すことができれば、社会対応が可能になります。LD・ディスレクシアなどに
 悩む人たちの読みを補助し、読みやすい学習教材を作成するために、各種の情報技術が有効なことあります。

 英国、スウェーデン、デンマークではディスレクシアとして学校や図書館で支援を受けている。米国や日本では
 ディスレクシアは学習障害(LD)に包含されていて、米国ではディスレクシアとLDはほぼ同義で使われていま
 す。
 日本では「読み書き困難」、「読み書きのLD」ともいわれています。英語圏ではディスレクシアの発現率は
 10〜20%といわれています。 (医療機関の発表なので多めに出ていると思われますが)

 ミュゼではLDを単独では判断せず、ADHDやアスペルガーなどとの関連付けを行い改善を図っています。


株式会社ミュゼ・アルディ
山手心理相談室(本町相談ルーム)

〒541−0057
大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512


   カウンセリング アダルトチルドレン

  TEL 06-6180-6280

近隣地図

メールでのご予約

インフォメーション

ご来室マニュアル

カウンセリング料金

心の総合相談室

アクセス

催眠療法

カウンセリング

夫婦カウンセリング

カサンドラ症候群

依存症

不安神経症

うつからの回復

うつ・新型うつ

サラリーマン

パワハラ対策

ストレスマネジメント

サイトマップ

こころの相談室

発達障害の改善

注意欠陥障害

学習障害(LD)

メール相談

電話相談

女性のカウンセリング

離婚カウンセリング

会社概要

山手スタイル

総合ご案内