本文へスキップ

新しい発想で心の課題を考える大阪市のミュゼ・アルディ

アダルトチルドレン詳細レポート2report2

スケープゴート

アダルトチルドレンにはさまざまな成育歴がありますが、スケープゴートもその一つです。いけにえ・身代わりなどとも呼ばれます。

     

アダルトチルドレンには多くのパターンがありますが、ダメージが大きいのがこのタイプです。代表的な例としては近親相姦・少女期妊娠・飢餓・家からの追放などがあります。家の中で助けを求めても、まったく反応がないどころか、かえって暴力行為を受けることも多いです。

少年少女期は、本来「楽しさ」を受け取ることで成長します。その時期に上記のような不条理行為を受けた場合、家を出ることもできないまま、ひたすらガマンするか、あるいは非行に走るしか方法が見いだせないと思います。

そのような方が成人してから「自分を変えたい」とカウンセリングを受ける際に、

「あなたはひとりぼっちじゃないんだよ」

「もう家族の犠牲にならなくて構わないんだよ」

と声掛けするカウンセラーは多いと思いますが、では実際にはどうすれば改善できるのでしょうか。ミュゼ山手心理相談室では、脳疾患や境界性パーソナリティ障害等でなければ、SSTによって「基本的な生き方」を改善するようにしています。

発達障害と見分けがつきにくいのもこの症状の特徴です。幼いころのことがあまりに悲惨なため、虐待の事実を覚えていないこともあります。ありすぎて日常生活の中に組み込まれているのでしょう。

当然ですが、スキル的にも問題のある部分が大きくなります。スケープゴートにされた方にとって、失った時間は多いですが、人生には「未来」しか存在しません。一緒に「楽しく生きる」方法を考えていきましょう。

ヒーロー   スケープゴート  

株式会社ミュゼ・アルディ
山手心理相談室(本町相談ルーム)

〒541−0057
大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512


   カウンセリング アダルトチルドレン

  TEL 06-6180-6280

近隣地図

メールでのご予約

インフォメーション

ご来室マニュアル

カウンセリング料金

心の総合相談室

アクセス

催眠療法

カウンセリング

夫婦カウンセリング

カサンドラ症候群

依存症

不安神経症

うつからの回復

うつ・新型うつ

サラリーマン

パワハラ対策

ストレスマネジメント

サイトマップ

こころの相談室

発達障害の改善

注意欠陥障害

学習障害(LD)

メール相談

電話相談

女性のカウンセリング

離婚カウンセリング

会社概要

山手スタイル

総合ご案内